2013年11月01日

11月ですね

10月中に一回は記事をupしようと思ってたのに、気が付いたら11月ですねぇ。
本当に、時間の流れとは恐ろしい。
…怠け者ですみませんあせあせ(飛び散る汗)

10月にしたことといったら、映画を観に行って、ハロウィンのディズニーに行きました。

映画は、話題の『そして父になる』を観ました。
今やってて、現代が舞台の映画ってひさしぶりです。
語彙が少なくて申し訳ないのですが、いい映画でした。
是枝監督の作品は良いですね。

あとは、毎度おなじみのレトロ映画です。
今回のレトロ映画は、オードリー・ヘップバーン特集でいつもと違って3作品を日替わりでやってました。
ほんのちょっぴりだけ悩みましたが、全作品見てしまいました。
『ティファニーで朝食を』
『パリの恋人』
『麗しのサブリナ』
の3つです。
面白かったですよー。

感想は追々…
っていったらまたいつになるか分からないんですよねー…(汗)
9月に観た『飛べ!ダコタ』なんて題名すらブログでふれてなかったことに気づきましたよ。
こちらも面白い映画でした。
観たきりだともったいないですからね。
頑張ってupします。
posted by ミナト at 18:14| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰りの電車で気づいたこと

読んでた本、職場に忘れたー!!

この落ち込み具合、思いの外深いです。

うぅ…
あともう少しだったのに…涙ぽろり(ネコ)
しかも三連休…
嬉しいけど悔しい

図書館にもあったはずだから借りていこうかしら。
ほかの本借りる予定だったんだけどなぁ。
貸出冊数の上限があるから、あと一冊しか借りれないのにー!

などと考えながら家路をたどっております。

久々の更新がこれですみませんあせあせ(飛び散る汗)
posted by ミナト at 17:30| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

いつの間にやら

10月に突入していましたねぇ。
そんなに長くさぼってるつもりじゃなかったけど、気が付いたら9月に一回もブログを更新してませんでした。
すみませんm(_ _)m
 
9月にもいろいろ楽しいことがあったんですが、それは改めてupしますー。
 
ふぅ…、いつになることかしらf^_^;)
もはや、私がドイツに行ったことなど、もうだれも覚えてないでしょうね。
 
ハロウィンだから、ディズニーに行こう!と、10月1日を予定してたんですが、前日にいきなり
「10月1日は都民の日だから混むよ!」
と言われ、
ただでさえ天気が不安定でテンションが下がり気味だったのに、さらに行く気がなくなるという事態が起こりました…。
まぁ、ただのわがままなんですが。
でも、ショーやパレードメインで行くつもりなんで、天気は重要なんです!
前に一度、にわか雨の中パレードを見て、仕方ないのですがプリンセスたちがレインコートを着ていた(涙涙ぽろり(ネコ))ということがあり、ぜひとも雨は避けたかったのです。
 
そんなわけで、晴れ予報だった今日に来ております!
晴れすぎてるくらい晴れております!
暑いです。
油断して日傘を置いてきたら、パレード待ってるとき、暑いです…。
もう10月だってのに、ぜったい日焼けしました。
 
今日の記事はまた改めてupしますー。
 
とりあえずの目的↑を買えたので満足きらきら
posted by ミナト at 17:18| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

太陽がいっぱい

ハンサムの代名詞、アラン・ドロンの代表作です。
静かで淡々とした雰囲気でした。
淡々としてるからか、かえってハラハラさせられます。
オチは知ってたんですけどね。

トムがフィリップを刺すシーンは、コマ送りにして刺してる場面は映さない、血も流れないってのは時代を感じさせました。
たぶん、規制があったんでしょうね。
そういえば、『卒業』でも裸のシーンはコマ送りでした。

大変面白かったのですが、ドイツから帰ってきた次の日に観に行ったので、途中寝てしまって…。
残念でした。

アラン・ドロンはさすがにハンサムでしたよー。
ただ、私の印象ではアラン・ドロンは黒髪で濃い青い目だったのに、実際は茶髪で薄い青い目でした。
私がアラン・ドロンを見たのは初めてだったので、何でそう思ってたのかは謎ですが、なんでか長年そう思い込んでたんですよねー。
不思議。
posted by ミナト at 10:16| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業

今月のレトロ映画ですー。

一言で言って、

ベンジャミンがダメすぎる!
エレインはあれでいいのかい!!
お母さんのことがなくても、ダメダメでしょう。

先月の『太陽がいっぱい』の感想もまだだったというのに、ダメすぎて思わずこちらを先にしてしまいました。

伯母に、
「今度『卒業』を観に行く!」
と話したら、
「最後が暗いわよー」
と言われて、
最後は、ヒロインの結婚式に乗り込んでさらっていくという情熱的な最後のはずなのに、暗いの!?
と思いましたが、
実際見てみると、なんだか納得。
まぁ、暗くはないけど、明るくは決してないです。
確かに、情熱的ではありますが。
こういうオチの映画だったんだー。
有名なシーン過ぎて、パロディは沢山見ましたので、元のシーンが見られてよかったです。

テンポが良くて、とっても面白い映画でしたよ。
主人公には全く共感できませんが(笑)
両親のほうが共感しちゃうなぁ。
「エレインと結婚する!」といったときの喜びっぷりにふたりの苦労が映し出されますね。
特にお母さん。
その後のことを思うと、本当に涙を誘いますが。

そして、エレインは本当にいいのかい!
って感じです。
いやまぁ、エレインが良ければまぁいいんですけど…。
エレイン、良いのかなぁ。

面白い映画なので、おすすめですよー。
仲の良い友達と見て、あとで語り合ったら面白いかも。
いやホント、主人公たちには共感が出来ない!(笑)
むしろ、アパートの管理人さんに強く共感できました!(笑)

サイモン&ガーファンクルが良いです。
posted by ミナト at 08:08| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。