2013年08月31日

卒業

今月のレトロ映画ですー。

一言で言って、

ベンジャミンがダメすぎる!
エレインはあれでいいのかい!!
お母さんのことがなくても、ダメダメでしょう。

先月の『太陽がいっぱい』の感想もまだだったというのに、ダメすぎて思わずこちらを先にしてしまいました。

伯母に、
「今度『卒業』を観に行く!」
と話したら、
「最後が暗いわよー」
と言われて、
最後は、ヒロインの結婚式に乗り込んでさらっていくという情熱的な最後のはずなのに、暗いの!?
と思いましたが、
実際見てみると、なんだか納得。
まぁ、暗くはないけど、明るくは決してないです。
確かに、情熱的ではありますが。
こういうオチの映画だったんだー。
有名なシーン過ぎて、パロディは沢山見ましたので、元のシーンが見られてよかったです。

テンポが良くて、とっても面白い映画でしたよ。
主人公には全く共感できませんが(笑)
両親のほうが共感しちゃうなぁ。
「エレインと結婚する!」といったときの喜びっぷりにふたりの苦労が映し出されますね。
特にお母さん。
その後のことを思うと、本当に涙を誘いますが。

そして、エレインは本当にいいのかい!
って感じです。
いやまぁ、エレインが良ければまぁいいんですけど…。
エレイン、良いのかなぁ。

面白い映画なので、おすすめですよー。
仲の良い友達と見て、あとで語り合ったら面白いかも。
いやホント、主人公たちには共感が出来ない!(笑)
むしろ、アパートの管理人さんに強く共感できました!(笑)

サイモン&ガーファンクルが良いです。
posted by ミナト at 08:08| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

たびたび『荒野の七人』

DVDを持ってるって、良いですねー。
いつでも好きなときに見られるってのが良いです。
好きなシーンだけでも見られるし。

ちなみに、私が好きなシーンは霊柩車の護衛のシーン。
西部劇の見所の銃撃シーンじゃありませんし、まだ7人どころか3人しか出てきてませんが。
でも、前に読んだ本の中の映画評には、メインは7人の仲間を探すところ!って書いてありましたし、私もあながちずれてないかしら?
かっこよいのですよぉ!

日本語吹き替えもなかなか良かったです。
ちょっとヴィンが若干渋過ぎかなぁという気もしますが、みんな合ってたとおもいます。
かっこよかったです!
ただ、グリットの声が、ルパン三世の次元の声だって知ってたので、彼が話すときだけちょっと気が散りましたが(笑)


先日一緒に買った『グリット』も観ました。
なんだか寂しげな雰囲気の映画。
マックイーンは当然かっこよかったですが!
でも、内容は私の好みじゃなかったかな。
バイオレンスサスペンスとでもいいましょうか。
人が死にすぎで、悲惨な事件でしたよ。
ヒロインの気持ち、よく分かる!
見所のカーチェイスはすごかったです。
これは大画面で見たかったかな。
ものすごくハラハラしそうです。
ノースタントでやったってのがホントすごいですね。

次は『セントルイス銀行強盗』です。
どんな話なのかしらー。
これも明るい話ってわけではないようなので危険です。
でもま、やるせない感じだったとしても、『荒野の七人』を見たら気分はすぐに上がるからいいかしらん八分音符
posted by ミナト at 18:13| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

そして、

またもやこの前の記事に関連するのですが、
『荒野の七人』のDVDを買ってしまいました!
『大脱走』も悩んだんですけど、特典映像などをどうしようか決められず、今回は見送ることに。
 
買ったのはこちら。
 
ホントは『荒野の七人』だけ買おうと思ってたんですけど、気がついたらなんか増えてましたねぇ。
何ででしょうね。
『大脱走』は保留にしたのに(笑)
 
あとの二つは、『ブリット』と『セントルイス銀行強盗』です。
 
『ブリット』は先日借りた本の記事を観て観たくなったんですよね。
刑事のマックイーン、楽しみ〜八分音符
『荒野の七人』にも出てた、ロバート・ヴォーンも出ているみたいです。
カーチェイスが見所だとか。
 
『セントルイス銀行強盗』は実際にあった事件を元にした映画だとか。
先日の本には紹介がなかったんですけど、DVDの裏面のストーリー説明を読んでたら、若干ネタバレがあってびっくりしました!
えっ!?こんな展開!??って。
気を使ってほしいですよねぇ。
若かりしマックイーンが見られます!
 
どちらを先に観ようかしらん八分音符
 
 
先日の深夜、『大脱走』のDVDについて悩んでたら、どこからともなく『大脱走のテーマ』が!
なに!?と思って、すぐさま向かったら母が映画を観てました。
映画の題名は、『ファミリー・ゲーム』。ケストナーの『ふたりのロッテ』を元にした映画で、『大脱走のテーマ』はそのシーンをちょっとパロッただけでした。
昔観たことあるー!と、私も鑑賞に途中参加。
ほのぼのでとっても楽しかったです。
一人二役やっている、幼きリンジー・ローハンが可愛いです!
ただ、ラストが私の記憶とは違っていて、
あれ?と思って調べてみたら、『ファミリー・ゲーム』はアメリカ映画なのですが、ドイツ版の『ふたりのロッテ』の映画もあったとか。
ドイツ版もみたい!!
でもなんでか、ドイツ版のほうは手に入れづらそうです。
レンタルもなかなかないような…。
ないとなるとさらに観たくなりますね!
 
でも、『ファミリー・ゲーム』も観たことある気がするんですよね。
面白いのでオススメですよ〜☆
posted by ミナト at 06:51| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。