2013年11月29日

『ティファニーで朝食を』

オードリー特集の一作目です。

この作品は中学生くらいの時にビデオで見たのですが、ラストがどうしても思い出せない作品でした。

ニューヨークに越してきた売れない作家のポールは、下の階に住んでる風変わりな美人のホリーとひょんなことから仲良くなる。
彼女は男性とつかの間のお付き合いをすることで生計を立てていて、好きなものは五番街のティファニーと兄のフレッドだけ。
乱痴気パーティや元夫の出現など、彼女の破天荒な生活に振り回されながらも次第に惹かれていくポール。
おかしくも楽しく、刹那的な生活はいつまでも続かなかった…。
と、いうようなお話。

めずらしく(?)オードリーの相手が若いです。
いつも、二周りくらい上なんじゃないかな〜って人ばかりですからね。

改めて観てみて、やっぱり記憶から抜け落ちてるシーンが結構ありました。
ホリーの旦那さんとか、逮捕されるシーンとか。
ポールがお金持ちなマダムに援助してもらってるのとかも忘れてました。
作家だってのは覚えてたんですけどね。
あと、catという猫を飼ってるのとか、雑貨屋で万引きするのとか、ティファニーでのやりとりとかは覚えていましたよ。

天真爛漫な高級娼婦の役なので、思ってたオードリーのイメージとちょっと違ってましたね。
これはこれで可愛いですけどね!
ムーン・リバーがよいですよ!

ホリーの上の階に住んでる日本人(おそらく)のユニオシさんは、当時の日本人のイメージだったんでしょうねぇ。
小さくて七三分けで瓶底眼鏡で出っ歯。
おそらくカメラマンなんですが、日本人=カメラって思ったのかなぁと笑ってしまいました。
でもなんで、日本人のイメージに出っ歯があるんでしょうね?
その当時の有名な日本人で出っ歯の人がいたのかしら?
ユニオシって名前も不思議ですね。

原作者はマリリン・モンローのイメージだったとか。
私は原作も読んだのですが、たしかに、あの雰囲気はマリリン・モンローはぴったりかも。
かわいらしい感じなんです。
でも断られちゃったから、急遽オードリー用に脚本を変えたらしいですよ。

原作とはちょっとストーリーが違いましたが、映画ではあのラストがいいですね!
映画はハッピーエンドがいいですよねー。

猫が可愛いですよ!
posted by ミナト at 17:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

『そして父になる』

話題の作品、観てきました。

取り違えられた子どもについてのお話です。

是枝監督の前作品『奇跡』の時も思ったけど、子どもたちが!
よいですきらきら
どちらの子もよい子でよかった。
超可愛いですよ!
子どもがよすぎて、泣けるシーンがたくさんあります!

最初はいけ好かないエリートだった福山雅治が徐々に分かってくるのがいいですね。(変わってくじゃなくて)
ホント最後まで意固地なんですけど!

尾野真千子さんはおとなしい奥さん役で、強い女性のイメージが強かったのでどうなのかしら?と思ってましたが、すんなり入っていきました。
どちらもできるってすごいですね。

リリー・フランキーさんと真木よう子さんのコンビがよかったですよ。
あの夫婦、いいな〜。

内容が内容なんで重いですが、暗い話ってわけでもないので気になる方はぜひ観てみてください!
posted by ミナト at 00:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

太陽がいっぱい

ハンサムの代名詞、アラン・ドロンの代表作です。
静かで淡々とした雰囲気でした。
淡々としてるからか、かえってハラハラさせられます。
オチは知ってたんですけどね。

トムがフィリップを刺すシーンは、コマ送りにして刺してる場面は映さない、血も流れないってのは時代を感じさせました。
たぶん、規制があったんでしょうね。
そういえば、『卒業』でも裸のシーンはコマ送りでした。

大変面白かったのですが、ドイツから帰ってきた次の日に観に行ったので、途中寝てしまって…。
残念でした。

アラン・ドロンはさすがにハンサムでしたよー。
ただ、私の印象ではアラン・ドロンは黒髪で濃い青い目だったのに、実際は茶髪で薄い青い目でした。
私がアラン・ドロンを見たのは初めてだったので、何でそう思ってたのかは謎ですが、なんでか長年そう思い込んでたんですよねー。
不思議。
posted by ミナト at 10:16| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。