2012年02月04日

『パレード』

先日、舞台を観てきたので、原作を読んでみました。

なんだか不思議な雰囲気です。
怖くて薄ら寒い感じ。
みんなホント歪んでるなぁーって思いました。

時間は進んでるけど、どの人の話も遣りっ放しで終わりがない感じでした。
そのスッキリしない気持ち悪さが、この作品の雰囲気そのもので。
悪くないんです。

こりゃあもう、映画も観るしかないなぁ!と張り切っています。
映画は映画でまた違うんでしょうね。
映画まで観ちゃったら、この世界にどっぷりハマっちゃいそうでこわいなぁ。

でも、舞台を先に観た所為か、舞台の方が好きでした。


『本日は大安なり』を読んだあとに読んだので、なんだか変な感じでしたよ。
なんでかというと、『本日は大安なり』の中の双子の新郎と、『パレード』の直樹が同じ俳優さんだったんですよね。
だからそのイメージがチラチラとよぎってしまい…。
貴和子さんも出てくるし!(いや、たまたま同じ名前の登場人物がいただけです。)
posted by ミナト at 10:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。