2013年08月31日

太陽がいっぱい

ハンサムの代名詞、アラン・ドロンの代表作です。
静かで淡々とした雰囲気でした。
淡々としてるからか、かえってハラハラさせられます。
オチは知ってたんですけどね。

トムがフィリップを刺すシーンは、コマ送りにして刺してる場面は映さない、血も流れないってのは時代を感じさせました。
たぶん、規制があったんでしょうね。
そういえば、『卒業』でも裸のシーンはコマ送りでした。

大変面白かったのですが、ドイツから帰ってきた次の日に観に行ったので、途中寝てしまって…。
残念でした。

アラン・ドロンはさすがにハンサムでしたよー。
ただ、私の印象ではアラン・ドロンは黒髪で濃い青い目だったのに、実際は茶髪で薄い青い目でした。
私がアラン・ドロンを見たのは初めてだったので、何でそう思ってたのかは謎ですが、なんでか長年そう思い込んでたんですよねー。
不思議。
posted by ミナト at 10:16| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業

今月のレトロ映画ですー。

一言で言って、

ベンジャミンがダメすぎる!
エレインはあれでいいのかい!!
お母さんのことがなくても、ダメダメでしょう。

先月の『太陽がいっぱい』の感想もまだだったというのに、ダメすぎて思わずこちらを先にしてしまいました。

伯母に、
「今度『卒業』を観に行く!」
と話したら、
「最後が暗いわよー」
と言われて、
最後は、ヒロインの結婚式に乗り込んでさらっていくという情熱的な最後のはずなのに、暗いの!?
と思いましたが、
実際見てみると、なんだか納得。
まぁ、暗くはないけど、明るくは決してないです。
確かに、情熱的ではありますが。
こういうオチの映画だったんだー。
有名なシーン過ぎて、パロディは沢山見ましたので、元のシーンが見られてよかったです。

テンポが良くて、とっても面白い映画でしたよ。
主人公には全く共感できませんが(笑)
両親のほうが共感しちゃうなぁ。
「エレインと結婚する!」といったときの喜びっぷりにふたりの苦労が映し出されますね。
特にお母さん。
その後のことを思うと、本当に涙を誘いますが。

そして、エレインは本当にいいのかい!
って感じです。
いやまぁ、エレインが良ければまぁいいんですけど…。
エレイン、良いのかなぁ。

面白い映画なので、おすすめですよー。
仲の良い友達と見て、あとで語り合ったら面白いかも。
いやホント、主人公たちには共感が出来ない!(笑)
むしろ、アパートの管理人さんに強く共感できました!(笑)

サイモン&ガーファンクルが良いです。
posted by ミナト at 08:08| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

運動不足のもやもや

なんてことないことですが、6年続けたヨガスタジオをやめることにして、今日がいつも受けてるピラティスのクラスの最後の日でした。
考えて決めたことだし、やめる手続きをしたときは何とも思ってなかったんですが、いざその日を迎えると寂しいものですね。
ピラティスの先生、優しくて可愛くて好きだったんですよねー。
一番話しやすかったです。
美人だったし。

ちゃんと挨拶しようと思ってたんですが、お別れをしたあとにもっと気の利いたこと言えば良かった!と悔やんでしてます。
先生のクラス、楽しかったです!
ありがとうございました!!


と、なにやらしんみりした感じになってますが、やめた理由はまったくしんみりした感じじゃないんで心配は無用です。
浮いたお金を貯めておいて、次回のドイツ旅行の足しにしよー!とか、前向きなことも考えてます。

ただ、ヨガスタジオをやめちゃうと、心配なのが運動不足。
通ってても運動不足気味だったってのに、これ以上動かないと危険な領域です。
運動なんて自分でやればいいじゃない。と言わないでください!
自分だけじゃできないからスタジオに通ってたんです。
でも、やめた途端に服を一新させなきゃいけなくなっても困るので、筋トレとかをやるつもりです。
続くといいなぁ。

まぁ、またあのスタジオに戻っちゃうかもしれませんが。
posted by ミナト at 20:21| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。