2012年10月31日

ハロウィンですね。

ハロウィンって、最近急に市民権を得たような気がしますね。
いやまぁ、いいと思いますよ。
仮装したりしてて、楽しいですよねー。
でもパーティとかだけならいいけど、電車の中とかでもその格好って、それはどうかなぁ〜と思ってみたりしてたんですが…。
トランプ柄モチーフのミニワンピを堂々と東京駅を来て歩いてる人にビックリしていた頃が、もはや懐かしい。

仕事帰りに山手線に乗ろうとしたら、なんと乗ろうとした入り口の前にカボチャ頭が!!

ジャック・オ・ランタンの形のかぶり物をかぶった人が何食わぬ顔(?かどうかは表情が読めませんでしたが)で車内にいるじゃありませんか!
思わず方向転換して乗る車両を変えましたよ。

服装はいいけど、顔は隠しちゃだめですよ!
一般の場所で!!
表情が読めないって怖いですよ。

しかも解せないのは、頭はカボチャのくせに、服装は普通なこと。
一瞬しか観てないけど、ニットワンピだったような…。

つまり、女性なんですねー。
体つきも女性だったし。
大学生くらいかなーといった印象でした。
何なんでしょう。
罰ゲームだったりするのかしらん?

でも、あのカボチャを脱ぐとき、すごーく恥ずかしいでしょうねぇ。
改札も通れないでしょうし。
あの頭で通れたら、良くないですよね!

昨日は、目から血を流してるようなメイク(明らかにメイク)をしている人が何食わぬ顔で電車内の椅子に座ってましたし。(こちらも女性でした)

なんなんでしょうねぇ。
仮装は現地に着いてからやればいいんじゃないかなぁと思いますがねぇ。
もしくは、車で行けばいいんじゃないかと。
これは、イマドキの人じゃない感覚なのでしょうかね。

私はちゃんと、現地で着替えましたよー。
ディズニーハロウィン、今年も行ってきました。
まぁ、仮装と言うほどでもなかったんですが。
この詳細はまた後日upしますー。

こんなハロウィン当日ですが、テレビでやってる映画は『陰陽師』と言うことに盛り上がる私。
なつかしいー!!
思わず相棒の録画予約を解除して、録画してしまいました。
当時、映画館で観ました!
今井絵理子さんもなつかしいー!かわいーい。
2も観たんですが、2の内容は全然覚えてないんですよね。不思議。
posted by ミナト at 22:40| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

あくまでバッグインバッグ

先日買った、『フィニアスとファーブ』のムックには、ペリーのバッグがついてきました。
ペリー.jpg
片面がエージェントPで、もう片面がサングラスペリーです。
カワイイ「!!」
こりゃあもう、使い倒すしかないですね!(今、使わないと、飽きちゃったら困るなぁと言う思いもあり)
 
しかし、A4サイズも入る大きさなのでサブバッグには大きいのです。
子ども向けサイズなのかしら?
チャックはもちろん、ボタンもマジックテープもついてないので、メインのバッグにも…。
ポケットもないですし。
私はカバンの中身の整理が下手なので、口が閉められなかったらみっともないし、ポケットがないとカバンの中身がなかなか見つけられないのです。
 
困った。
でも使いたい!
カバンの中身の整理と言ったらバッグインバッグだ!
でも、手持ちのものは口も閉められないし、サイズが合わない!!
 
と、言うわけで口を閉められて、サイズもペリーバッグに合わせたバッグインバッグを作りました。
 
 
口はチャックで閉まるので中身がいくらごちゃごちゃでもみっともなくないです!
 
ポケットは外にも中にもあります!
チャック付きのポケットとか、マチのあるポケットとか、ほかにもいろいろ機能的なものをつけたら良かったんでしょうけど、面倒になっちゃったんでぺったんこなポケットのみですが。
 
すべてうちで余っていた端切れで作りました。
なので、本当は外側は全部同じ生地にしようと思ってたんですが、足りなくなったので真ん中が白くなってしまいました。
まぁ、これはこれでいいかしら?(と、前向きに捉えてみる)
 
サイズはうまくいくかなぁと心配でしたが、なんとピッタリ!
バッグインバッグとしてはサイズピッタリがいいのか分かりませんが、私が目指してたサイズだったのでこれも良しです。
 
これで心おきなくペリーバッグをメインで使えます。
 
ただひとつの問題(?)は、バッグインバッグと言うよりただのバッグみたい…。
いえいえ、これはあくまでバッグインバッグですよ!
 
これで職場にも行けます!(笑)
posted by ミナト at 22:00| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

天地明察

岡田くん主演の映画、『天地明察』観てきました。
出演陣がやけに豪華だし、評価も低かったんでどうかな?って思ったんですが、大変面白かったですよ!
音楽も良かったですし♪
江戸時代も好きだし、星とか天体も好きだし、私の心を掴んでくれる映画でした。
原作も読んでみようかしら?

新しい暦を作るという壮大なストーリーでした。
それは分かってたんですが、予想以上に大袈裟な話でした。
まさか、血なまぐさいシーンがあるとは思っても見ませんでしたよ。

あんな昔の話なのに、あんな測量技術があったなんて、すごいですね。
当時の暗さは相当でしょうから、星も本当に降るほど見えたんでしょうねぇ。
いいなぁ。

最初の、北極星を観測しにいく旅も楽しかったです。
悲しい出来事もありましたが。
みんなが仲良さそうな雰囲気が好きです。

算哲とえんがやたらイチャコラしてるから、そこはいるのかなぁ〜と、気になってしまいましたが、それ以外はすんなり。
仲良きことは良いですけど、まぁ、もうちょっとソフトだったらもっと受け入れられたかなぁと思います。

当時のいろんなことが分かってよいですよ。
天文台とかは今と形が変わらないんですねぇ。
すごいなぁ。
日食グラスらしきものもありました!

最後に、やけにイケメンの公家がいるなぁと思ってたんですが、映画が終わってスタッフロールを観ていたら、城戸裕次さんの名前が!
城戸裕次さんとは、私がハマっていた戦隊ヒーローのブルーだったんですが、正統派ハンサムさんです。
あのころ私はまだ十代でしたが、そのころと変わらずイケメンでしたよー。
白塗りでしたが。
ブログを確認したところ、やはり公家役とのことでしたので間違いないでしょう。
イケメンは、白塗りでもやはり違うもんですね。
クライマックスの日食観測シーンでイチャモン(笑)をつけにきた公家の一人ですよ!
これから観る方は、そちらにもご注目を!
なんか久し振りと思っていたら、そういえば『ゲゲゲの女房』にも出ていたことを思い出しました。

何で評価が低いのかしら?
日食で湧いたことだし、今年は丁度いいと思うんですけどねぇ。
原作ファンの方から、原作を薦められたので、たぶん読むと思います。
posted by ミナト at 20:21| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。